手軽な方法として知られている多汗症の手術

多汗症の治療にはいくつかの方法がありますが、代表的なものの一つがボトックス注射です。多汗症は自分ではコントロールできない症状で、人前で汗だくになってしまい困る人も多くいます。多汗症には病的なものと、特に体質的に異常がないものとに分けられます。多汗症になる疾患的な要素がない場合は、多汗症を治療することが可能です。多汗症の症状を改善するための治療手段として、ボトックスという薬液の注射があります。ボトックスを注入することで、エクリン汗腺からの汗の分泌を抑制して、汗をかかない体質にするという、5分ほどで終わる治療です。ボトックス注射による治療効果は一時的なものですが、それでも半年から1年くらいは効果が続きます。多汗症が改善されれば、汗による体臭やワキガなどが軽減されることも期待できるのです。ボトックスによる治療方法は、手術を受けずに多汗症を改善したい人や、比較的汗のニオイが気にならない人、手の平や足の裏など、末端部分に汗をかき易い人に向いています。ボトックス注射は筋肉への注射ではなく、エクリン汗腺に薬液を注射するだけの、簡単な施術です。施術から3~4日は大きな違いはありませんが、1週間程度が発汗量が抑えられます。ボトックス注射によって多汗症の症状が現れにくい体質になりますが、繰り返し注射をしていると、どんどん次の注射までの期間が間遠になります。
こちらもどうぞ⇒http://www.stcrowley.com/